スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代将棋9月号発売

ということで7月号に掲載された都煙詰の正解発表です。感想をメールやコメント欄に頂けると嬉しいです。頂いたコメントはここに掲載させていただきます

銀と桂の成駒を1枚ずつ置いたのは反省点ですが、最終3手から逆算した手順はかなり満足のゆくものとなりました。初形には別案もあって、これだと駒交換の嫌味は少なくなるのですが、非限定が増えるので善悪は微妙なところです。ちなみに角を92に置くこともできます。まあ普通置きませんが(笑)

初形の別案

しかし全問正解者が1名とは驚きました。2番の香先香歩の作品に誤解者続出だったんだとか。まあ100手越えが2題ありましたし、(詰将棋専門誌ではない)将棋雑誌では仕方がないところでしょうか。

投票お願いします!

スポンサーサイト

またまた近況

企業研修がはじまりました。学校生活に慣れてしまっているので、集中力が0と1の2段階しか切り替わりません。今日研修してわかったんですが、長時間の労働では0と1の中間が重要ですね。♪知らなきゃいけないことは どうやら0と1の間

そんなわけで、しばらくmixiだけの更新にします。近将が手に入ったら(28日?)また書きますね。企業研修のおかげで博多駅の本屋がつかえるのは便利。

投票お願いします!

近況

ここ数日手抜き更新が続いているにもかかわらずランキングの票が伸びています。ありがたいことです。今後も頑張って更新します。

今後の予定・するべきことをメモ。

  1. 8月中に免許を取る
  2. 高専将棋大会に出る
  3. 企業研修に行く
  4. 九Gの会合に参加する
  5. 選択科目のレジュメを作る
  6. 2のために大会に参加して調整をする
  7. 編入の勉強をする

1と2、および3は超重要。これを達成するために6あたりを犠牲にしないといけないかも。

4以下もかなり重要。九Gには前回の解答持っていきたいですし。ほんとうは編入試験の勉強が1番上にくるはずだったのに…。何かがおかしい。まあとりあえずできるだけ多くの目標をこなせるように頑張ります。

投票お願いします!

超長編特別出題

詰将棋パラダイス最新情報によると、来月号で特別出題があるそうです。特別出題なんて久しぶりですね。ひょっとしてミクロコスモス越え?楽しみです。

投票お願いします!

髪を切りたい

ミニ詰将棋解答選手権をやってみました。どうにか全問正解。第8問はよいですね。

そうそう、ゆめまぼろし百番をご購入いただいたようです。ありがとうございます。ひょっとして風さんですか?

こう見えて忙しいです

天才はなぜ生まれるか

天才はなぜ生まれるか
正高 信男
天才はなぜ生まれるか

一言でいうと「ある分野に障害があったからこそ成功をおさめることができたのではないか?」という考察」。6人のいわゆる「天才」が登場します。

「ダヴィンチが鏡文字を使っていた理由はダヴィンチが読字障害だったからではないか?」という著者の推理は面白いなと思いました。読字障害をもつひとは、文章を読むときに字が上下逆さまや左右逆さまに見えてしまうんだそうです。しかも、ある文字は上下逆さまで別の文字は左右逆さま、なんてこともあるとか。

でも何より大事なのは好奇心だとか、あとはやっぱり努力ですよね。

力作に1票お願いします!

アマチュア名人戦福岡県大会

結果を求めてここに辿り着く人が出てくるかもしれないのでまずは結果から。記念すべき60回目の「アマチュア名人戦福岡県大会」は中村清志さんが代表になりました。おめでとうございます。

さて、気が重いですが全4局を振り返ります。長文です。

力作に1票お願いします!

more...

久しぶりの更新

こんなに間が空いたのは日記書き始めて以来かもしれません。mixiにはボチボチ書いてるんですが…。どうもすいません。

さて、今日は詰将棋全国大会が行われています。僕は旅費が捻出できず、また下記の大会に出るので、参加を断念しました。来年の開催地はどこですか?そろそろ福岡にきてほしいんですが、来年だと編入試験とモロにかぶるのであまり協力できそうにありません。そもそも、全国大会の開催地のサイクルってどうなってるんでしたっけ。

ところで明日、アマ名人戦福岡予選が開催されます。来月の高専大会に向けて、調子は―技術面より精神面において―まったく良くないのですが、いまの実力で精一杯ぶつかってきます。そういえば、この大会か来月の近郊将棋大会で強豪N君が復活するそうです!!

あと、大会の規模の大きさから、ミニ九Gが開催されることが予想されます。こっちも楽しみにしておきます(笑)。ここに載せてない新作がありますよ。

ゆめまぼろし百番」を購入。福岡のジュンク堂には6冊ありました。手数の短い作品を中心に短評を書かせて頂きましたが、いやー恥ずかしいものです。買われた方は僕の短評をちらっとみて、作品をじっくり見てください。

書かないと下がる。当然ですね(^-^;

3段復帰

今日も指将棋ネタ。

図は▲33歩まで

6筋でのねじり合いの末、互いに堅陣が残ったまま終盤戦に入りました。とりあえず図では▲33歩と叩くところでしょう。△同角ならば▲53歩成から▲45桂が痛打。実戦は△同桂▲34歩△45桂▲33桂と進み、その後もたつくも寄せきりました。久しぶりに3段復帰。

首位キープのためにも投票お願いします!

底歩

図は▲79歩まで

▲79歩と打ったのが自画自賛の一手。普通なら△71香~△76歩がうるさいのですが、この場合は▲63馬が飛車にあたるので不可。実戦は△76歩と打ってきましたが、放置して▲63馬以下攻め切りました。先手陣は△77歩成に▲同銀引と指した形が鉄壁。

この将棋の対局相手は3段の方だったので大きく点数を伸ばしたのですが、その後自分よりRが低い人に負けて大幅ダウン。将棋の内容に差がありすぎます。

投票お願いします!

反省の一局

高専大会の計画表を顧問にもらいました。それによると、交通手段は福岡から長野までずーーーーっと新幹線だそうです(-_-;)。暇になりそうなので、移動日前夜に徹マンを開催して電車の中で寝ようかと考えてます(?)

図は△51金まで

そんなわけで、対局に励んでいます。図は▲62歩の叩きに△51金と寄ったところ。持駒の大量の歩を生かして相手陣攻略にかかります。

▲84歩△同歩▲83歩△同玉▲85歩△同歩▲84歩△同玉▲64馬…以下▲75銀と上部を押さえて、数手後に▲63歩と叩いたのが次図。

図は△63歩まで

厳しい叩きですが、この瞬間が甘いともいえます。△37桂成▲同金?△48角と打たれて次図。

図は△48角まで

際どいながら不詰と読んで▲62歩成と指したのですが、実は桂がはいったので▲73歩成以下詰んでいました。桂が手に入ったのに読み直さなかったのが原因。読みの蓄積に頼りすぎです。実戦は勝ったものの、こんな調子では△48角に代えて△25桂と打たれたときに負けかねません。反省。

※ランキング1位になりました!ありがとうございます。ところで、今日は桂花さんのブログで自作が紹介されるはずです。楽しみ。

桂花さんのブログを見る前に投票お願いします!(笑)

人民は弱し 官吏は強し

人民は弱し 官吏は強し
星 新一
人民は弱し 官吏は強し

「人民は弱し 官吏は強し」を読んでいます。著者の父親である星一を題材にしたもので、ショートショートとは異なる星新一を味わえます。

読書記録をみた感じ、どうやら今年の読書は100冊くらいになりそうです。

再び首位奪還のチャンス!

部活活動日

暇を持て余した実行委員(学生会みたいなもの)の1年生が遊びにきたので6枚落ちで対局。6枚で勝負になるのかと彼は半信半疑の様子でしたが、これが勝負になるんですね。むしろ最近は「部員じゃない人に6枚落ちで負けちゃいけない」と密かに思ってます。ちなみにそのあと8枚落ちを指したんですが何故かこれも勝ちました。

そろそろ高専大会の詳細がわかるはず

双飛城

飯田岳一氏作「双飛城」

昨日書いた疑問について、早速toshikiさんより"飯田岳一さんの「双飛城」(近代将棋1987/6、塚田賞)が手順完全限定のはず。"とのコメントをいただきました。ありがとうございます。

200弱の作品をチェックするのは時間が掛かるので、とりあえず該当作の有無だけ解れば…と思い、ここに書いてみた次第ですが、直ぐに「該当作アリ」とわかったので驚いています。

とりあえず0ではないことがわかったところで、ほかにも完全限定の作品がないか、自分でボチボチ調べてみます。

ちなみに、この「双飛城」の優れているところは詰めあがりが完全限定されていることです。1筋に歩を叩かずにこの詰めあがりに持っていけるというのが盲点。84手目の局面を示しておきます。

飯田岳一氏作「双飛城」の収束

※追記。新ヶ江幸弘さんの「伏龍」も完全限定のようです。のんびりさんありがとうございます。

見ない間に差が縮まってますね

完全限定の煙詰

調べていることがあります。すなわち「手順が完全に限定されている煙詰はあるのか?」

駒の成不成の非限定や、駒交換の順序非限定が認められないというのは意外に難条件だと思うのですが、全く存在しないということもないと思います。該当作をご存知の方は教えていただければ幸いです。

もし該当作がなかったら…(謎)

箒星

箒星 (初回限定盤)(DVD付)
★Amazonで買うと150円OFFです!
Mr.Children 桜井和寿
箒星

買いました!「箒星」をきいて印象に残ったのは相変わらずのキャッチーなメロディーと、圧倒的なドラムの存在感。最後のサビの直前はコード進行がえらいことになってる気がするんですが、ド素人なのでよくわかりません。

「ほころび」は3分程の短い曲ですが、シフクノオトの「花言葉」みたいな別れの曲。気に入りました。でも音の運びが桜井さんらしくないなあ。スピッツみたい。

DVDはいまからみてみますo(^-^o)(o^-^)o

リハビリ中

図は87歩まで

苦手な中飛車相手に苦戦を強いられましたが、87歩の犠打でようやく逆転しました。「敵の打ちたいところに打て」というやつです。

投票お願いします!

新作

新作が完成しそうです。ただいま序盤の手順を推敲中。厳しい条件を2つ加えたので、肝心な手順がやや単調になってしまいました。

話はかわりますが、高専将棋大会の申し込みがちゃんとされているか不安になってきました。学生係に申し込むように言われて、顧問のところに行って、それから顧問に任せたつもりでいたけれど。大丈夫だろうか。編入試験の関係で、たぶん今年が最後の出場になります。

投票お願いします!

パラ7月号

九G作品展の結果稿がもう載っています。やや駆け足気味の解説になっていますが、これは3ページにまとめようと思った結果であって、決して手を抜いたわけではありません(笑)。また、誰にもわからない事情?があって、冒頭の表に名前を書くのを忘れてしまいました。ごめんなさい。

いま気づいたのですが、91ページの最上段、「2は誤出題」とあるのは正しくは「3は誤出題」です。これはちょっと不味いですね。

気が向いたら須藤さんに許可をとって全短評を公開します。

投票お願いします!

個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。