スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九G原稿執筆中

こんにちは。おとといからブログが表示されなくなっていました。テンプレート(デザイン)を変更したらなおったので当面このデザインを使おうと思います。なんでだろう?原因がわかったらまた元のデザインに戻すかもしれません。

九G作品展の原稿を書いています。原稿の書き方についての決まり(図面全体が○行分で6列目までの図面が○行分で…など)に関する文章ってインターネット上やパラバックナンバーのどこかにありましたっけ。
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

今日は後輩の応援にいって飲んだくれてきます。

投票お願いします♪
スポンサーサイト

アマ竜王戦福岡県予選

久しぶりに一般大会に参加してきました。結果は下の方に。さてどこまで勝ち上がれたのでしょうか。

図は△22桂まで

決勝トーナメント2回戦。ここで決め手があります。実戦でこのような局面が現れるのは珍しいかも。

図は▲86同歩まで

準決勝は竜王戦準優勝の経験もある強豪と。すさまじい乱戦。あ、居飛車側が自分です。△46歩▲同歩△69飛▲96角△67飛成▲63角成△56竜▲77桂に△52金打で次図。

図は△52金打まで

もうわけがわかりません(笑)このあとも難しい戦いが続きましたが、どうにか制することができました。


図は▲41飛成まで

ということで初の県大会決勝進出となりました。ぜひとも県代表を勝ち取りたい大一番。戦形は相穴熊となり、▲26飛~▲36飛と動いて34の歩を掠め取る手順を経て上図になりました。
さて、この局面はどちらがよいのでしょうか?一手遅く飛車を成りこみましたが、金の位置の違いも大きいように思います。実戦はここから△29竜▲53歩△51歩▲55角△64桂▲51竜△24角▲21竜△79角成▲同金△56金で次図。

ここまでの手順が疑問だったのかもしれません。▲55角はこのラインに先着したいがために打ったのですが、△64桂と幸便に受けられてみると、果たしてこちらが得しているのか疑問です。▲55角に代えて▲51竜のほうが良かったのかもしれません。対局中は「▲51竜には△33角以下の強襲があるのでは」と思っていたのですが、いま冷静に見るとさすがに無理筋ですよね。

図は△56金まで

本譜に戻って上図は△56金と絡まれたところ。ここでどう指せばよいかわかりませんでした。▲44角と指したのですが、△67金と入られた局面での受け方がまたわからず、30秒の秒読みだったこともあり受け切ることができませんでした…。
しかし、▲44角に代えて▲52歩成~▲44角(もしくは▲73桂)は△51歩で難解のように思います。上図では既にこちらが悪いのでしょうか?感想戦でだいぶ検討したのですがよくわかりませんでした。

と、いうことで、結果は準優勝でした。初めて優勝争いに絡むことができて嬉しかったです。
今後は、出場した大会では常に優勝争いに絡めるくらい強くなりたいですね。がんばろう。

投票お願いします♪
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。