スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日発売「ダ・ヴィンチ・コード」

ダ・ヴィンチ・コード(上) ダ・ヴィンチ・コード(中) ダ・ヴィンチ・コード(下)

昨日本屋に行ったら「本日発売」とあったので思わず買ってしまいました。誤解なきよう念のため付け加えておきますが、「文庫」です。で、夜から朝にかけて読みました。眠いです。この前「沈黙」を読んだばかりなのですが、宗教っていうのは難しいですね。同じ神を崇拝しているのに考え方が違ったり、それによって対立したり…。

本作で重要なポイントになっているのは、キリストが神の子なのか人間の子なのかということ。「聖書には本来多くの種類があるが、現在伝わっているのはごく少数である」とか、「多くの芸術家の作品のなかに何らかのメッセージが込められている」などそのことに関する多くの薀蓄が登場しますが、これらは紛れもない事実であり、それがゆえに非常にために?なります。

ストーリー(美術館長が殺される→ダイイングメッセージを解読するために奔走)自体は大して凝った作りではないし、主人公が幾多の危機を乗り越える辺りも「出来すぎている」感は拭えませんが、名画に込められた暗号や合間合間に語られる宗教に関する知識は読んでいて飽きません。

暗号や謎解き、宗教に興味がある人は読んで損のない作品だと思います。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。