スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編詳解第5回

三谷郁夫氏作(1999年12月号短編コンクール)今回紹介するのは、1999年の短編コンクールにおいてダントツの評点で優勝した三谷郁夫氏の7手詰(詰パラ 1999-12 短編コンクール)です。
本作のポイントはずばり「99竜の活用」にあります。
(当時の評価は、誤解答2・無解答15・A評価92・B評価13・C評価2の平均点2.84でした)。

図は△13玉まで7手詰なので駒を取る手は普通ありませんが、とりあえず初手▲22桂成を確認しておきたいと思います。
図は▲22桂成△13玉と進めたところです。ここで歩以外の前に利く駒があればよいのですが、生憎持駒は角角桂。角を打っても△24歩合、▲19竜と回っても△18歩合と受けられてしまうので、これは失敗です。

図は▲45角まで初手駒取りは詰まないことがわかりました。ということは、どうやら初手は角を打つしかないようです。とりあえず▲45角(図)と打ってみます。

図は△13玉までここで合駒の選別となるわけですが、これはすぐに歩か桂とわかります(他合は取って22桂成以下7手駒余りで詰む)。
歩は複雑ながら詰む(手順割愛)ので、どうせ取られる桂馬で△34桂左合とし、更に▲22桂成△13玉と進めたのが左図。
しかし、この変化も頭に利く駒がないために詰みません。第一、99の竜が全く働いていません。

幾つかの手段を追ってみましたが、作品のメカニズムはわかってきましたでしょうか。これらの紛れを踏まえても、作意に到達するにはなお容易ではありません。以下は解決編ですが、場合によっては詰将棋の新たな概念を知ることになるでしょう。

図は▲67角まで解決編。初手は▲67角!と打ちます。ここに打つ意味は後述。先の▲45角のときと同じ理由で後手は△34桂左合と応じ、更に▲22桂成△13玉と進めます。

図は△13玉までさて、ようやくここまで辿り着きました。99竜の活用を目指し、初手▲67角限定に理由を与える5手目は…?

図は▲68角まで▲68角!
そう、5手目は▲68角です。これが必殺の一手で、合駒をすれば▲19竜。取っても▲93竜で詰みます。
そして、―これが重要なのですが―▲93竜のとき、▲67角によって竜の縦方向の利きが遮断されています。これこそが▲67角限定の意味だったのです!

図は△56歩合までさて、原理がわかったところで、毎度のことながら細かい変化の確認もしておきましょう。図は△56歩合としたところ。要するに、▲67角の存在によって縦方向の利きを遮断されるのを事前に防ごうというわけです。

図は▲68角まで実はこの△56歩合、取っても長手数ながら詰みます。しかし、これが変化手順だというのであれば、詰将棋のルール上作意より短い手数で詰ませることが要求されますから、ここは最短で詰ませます。すなわち、▲22桂成△13玉▲68角(図)以下の7手駒余りです。
以上より、67角という"遮断駒"さえ置ければ、もはや中合は利かないことがわかりました。


こうしてようやく作意が確定しました。
▲67角△34桂左▲22桂成△13玉▲68角△同竜▲93竜までの7手詰です。

▲68角を放置すれば99竜が横に動き、取れば99竜が縦に動く。そして、後者の変化を詰ませるための事前工作である▲67角…。本作がいかに緻密な論理構成のもとで成立しているかがおわかり頂けたでしょうか。2枚角の限定打が輝く傑作でした。

ランキングにご協力下さい

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。