スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学はどこへ行く

大学はどこへ行く
石 弘光
大学はどこへ行く

大学という組織がどこに向かっているのかという話です。国立大学の法人化が話の中心。

大学の価値を決める際に重要となる要素の1つに教育能力があります。いかに優秀な研究者を擁し研究実績に秀でていようとも、教育において結果を残さなければやがて大学の評価は下がるはずです。

著者は授業評価を次の3段階に分けています。

  1. 実施は任意。結果は公表しない。
  2. 実施は原則強制。結果は公表する。
  3. 2)に加えて、給与・昇進の資料として活用する。

米国では既に第3段階の授業評価を行っているところもあり、それが高い研究・教育実績に繋がっている以上、日本もそれに倣うべきだと著者は主張しています。

高専でも授業評価は一応あるのですが、実施する教科と実施しない教科がある上、結果はどういう風に「活用」されているのか全くわかりません。「高専(大学?)教授にも教育免許を」という声があがるのも当然だと思います。

マックスウェーバーの「職業としての学問」に、「研究と教育の両方に優れた人間の登場はただ僥倖を待つ他ない」というようなことが書かれていますが、そんなに悠長に構えていていいんですかね。

ランキングですが、登録カテゴリを2つにしました。新カテゴリは「本・読書」。投票したときにどっちに飛ぶかはランダムに決まるようです。

囲碁将棋1位。本読書6位

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

石元学長www
クセのある人だよね(顔が

http://nanamikagawa.blog65.fc2.com/

この作家さん、15歳らしいです。
奇才と言われているだけあって、中々だと思います。面白いので紹介しますね。

>勇
あーそうそう。一橋大学の元?学長らしいよ。
って顔にクセて(笑)

>あやさん
15歳ですか。若いですねえ。
将棋指してるシーンの描写は(一般の人にしては)まあまあだと思います。
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。