スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマ連握り詰


収束がつまらない昔創った作品と使用駒が似ていたので、無難な収束をつけました。あと銀1枚どこかにおけば完成。でも配置が拡がりすぎだし手順も合駒3回といえどもつまらないので投稿せず。ちなみに27手詰です。

投票お願いします!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

 この筋は私も考えて完成させたのですが、昭和50年9月の詰将棋パラダイスの大村光良氏作に完璧な構成の作品があって没にしました。
 30年前に大村氏が傑作作ってたのには、やはり一流作家は違うなあと思いました。

今ブログをよく見ると、作者が高校生で大村作を知らないかと思い、作品を書いておきます。
玉方:51銀・61香・81歩・62玉・92歩・63歩・83香・76歩
攻方:52歩・74歩・55龍・85馬・96歩
持駒:金 45手詰です。
繰り返しますが、今から30年前の作品であることも考えて評価すると、いい作品だなあ、と思ってしまいます。

ランスさんはじめまして。コメントありがとうございます。

前半の角合~角合はいかにも類作がありそうな筋だとは思っていましたが、
30年も前に発表されていたとは…。
偶然とはいえ配置もかなり似ていますね。

このような合駒作品はどう纏めるかが問題ですが、
本作は再度の角合といい、収束の香短打といいうまいものですね。
51に駒を置く展開は考えなかったわけではないのですが、
まさか角合が引き出せるとは思いませんでした。
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。