スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッド・バイ

グッド・バイ
グッド・バイ

「グッド・バイ」(太宰治、新潮文庫)を読む。太宰治の活動時期を前期・中期・後期の3つに分けるならば、「グッド・バイ」に収められている作品群の発表時期は後期にあたります。

「フォスフォレッセンス」(青空文庫で読めます)は詩情豊かな作品ですが、なんだか危険な香り。虚構の世界に溺れています。現実世界も虚構なのかもしれないけど。この作品のラストは秀逸です。

「冬の花火」 「春の枯葉」は読まず。どうもこういう(戯曲風の)形式は読む気がしないんです。でも時間があったら読んでみます。 「男女同権」「グッド・バイ」はユニークな作品。

蔵書点検がある影響で近所の図書館が暫く使えません。読む本がなくならないといいけど。

桂花さん手強い

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。