スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回全国高専将棋大会

準優勝でした!将棋の内容を忘れてしまうのは勿体無いので簡単にまとめておきます。全部で8局。かなり長いです。
図は△84角まで

予選1回戦。図は△84角と出られたところ。△33角を予想していたので意外でした。有難い手。以下▲66歩△65歩▲55馬△73角▲65馬△43銀▲55歩で次図。


図は▲55歩まで

自然に指して自然によくなりました。以下は大差。



図は△12飛まで

予選2回戦。戦形はゴキゲン中飛車に対して丸山ワクチンを採用。角交換をした将棋で左金を穴熊側に寄せるとさすがに隙が多いようで、▲45桂と跳ねて以下は大差になりました。



図は▲77桂まで

決勝T1回戦。動かなければ作戦負けしそうなので思い切って桂馬を跳ねてみた。いかにも愚形。以下△54歩▲65歩△55歩▲同銀△65歩▲56銀△54歩▲64銀△66歩?▲75歩△67歩成▲同金右△63歩▲73銀成…と進行。66歩が筋に見えて悪手だったような気がします。本譜は後手の歩切れが痛く、先手の攻めが続く形。


図は▲45歩まで

しばらく進んで図に。▲45歩と突いて攻めが続くかなと思った。こういう展開になると53歩と74歩の存在が大きいですね。以下も攻めまくって制勝。



図は▲41飛まで

決勝T2回戦は定跡形。桂跳ねられたら▲61竜だったよなあなんて考えながら指してました。


図は△42角まで

しばらく進んで図。▲24歩△同歩▲44歩△同馬▲24飛と動くも△53角で崩れない。焦ったものの、時間でかなり優位に立っていたので飛車成って竜を自陣に引いて長引かせて勝ちました。勝ったもののあまり内容がよくなかった…。



図は▲77桂まで

決勝T3回戦。36の銀が動き辛く、73角もよく働いているので▲77桂と跳ねてみました。この瞬間の形は最悪ですが、△64歩と突かせて、いずれは85に桂を跳ねて強襲しようという狙い。


図は△36銀まで

△47歩から△36銀とされたところ。押さえ込まれそうなので思い切って▲53桂成と踏み込んでみました。△同飛▲41飛成△46歩▲21竜△47歩成▲86桂と進んで勝勢に。局後の感想戦によると相手は▲86桂の筋をうっかりしていたそうです。見落としに助けられて強敵相手に金星。



図は▲58飛まで

決勝T4回戦。阿久津プロの趣向を真似る。△65歩~△64銀と駒組みしてきたのを、不安定とみて▲54歩~▲25桂と仕掛けた。(△24銀なら▲71角)


図は△55角まで

やがて図に。香取りを防ぐのは△46角でおかしいと思ったので▲47金。以下△99角成▲77桂△88銀?と進行。後手の玉と飛車の位置がわるいので端攻めが厳しく勝勢になりそのまま押し切りました。



図は△54銀まで

準決勝。▲44角はさすがに無理そうなので▲97香も考えたんですが、交換を避けられたときに端が将来キズになるのでやめました。実戦は▲46銀△45歩▲55銀△43銀▲35歩△63金▲28飛△42飛▲37桂で次図。


図は▲37桂まで

すぐに銀を追わずに△63金と上がったのがあまり良くなかったのか、桂馬を跳ねてみるとこちらが優勢のように感じます。ここから△44銀▲24歩△同歩▲34歩…と進み以下制勝。



決勝の棋譜は週刊将棋や近代将棋にもしかしたら載るかもしれないのでまだ公開しないでおきます。一言でいうと、完敗でした(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。