スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェニックステーマ

17手の素材を逆算してみました。25手詰。後半の手順は既に前例がありそうですね。
逆算にあたって、今回は形式的なことにこだわってみました。43金→44金→43金と動かしてみたり、角捨て~角合の流れを作ってみたり、本来逃げ道を封鎖するだけの役目だった53の配置に他の意味を持たせてみたり。ただ、取られるだけの△15桂が気に入らない…。
25手詰

期末試験も終わり、5年間の高専生活も論文の提出および発表を残すのみとなりました。

投票お願いします♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

15桂は仕方ないとして、52銀や43金は持駒にできないのでしょうか。
初手52銀(打または生)、34玉、44金打・・・といった逆算は可能のように思うのですが。

攻方22歩を置くくらいで初手52銀は入ると思っていましたが、余詰が強力すぎて無理なようです。
44金打から入ることは可能みたいです。
だからと言って、発展の可能性が増したかどうかは分かりませんが。

>酒井さん
アドバイスありがとうございます。
的確なご指摘だと思いまして改作を試みたのですが、
僕も▲22歩を置いて余詰に苦しめられたんですよ。
ふたつめのコメントを見て思わず笑ってしまいました(笑)

>44金打から入ることは可能みたいです。
これは一応把握していたんです。
でも、引いてもう一回上がる味がいいかなと思って盤面に配置しました。
持駒角金銀にしてもさほど紛れがない感じですし。
(だからといって盤面に配したところで初手▲33金とは普通取らないと思いますが)

44金「引」については、恐らく「打」も可能なことを承知の上でそうされているのだろうと
推測していました。
21馬の動きとも対応していて、こちらのほうがいいのかも知れませんね。

この度、変わったテーマを思いつきました。
それは、お笑い芸人「世界のナベアツ」のネタに引っかけた、
「3の倍数と3のつく数字の手数の時だけ、指し手が金になります。」というものです。
アホでしょう(笑)。
完成したら、お見せします。
41手までは行きたいです(笑)。

まだナベアツ見たことないんですよね~
是非とも30手台を乗り切って下さい(笑)
楽しみにしてます( ̄ー ̄)
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。