スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解答選手権(ネタバレ注意)

参加してきました。解図の過程らしきものを書いてみましたので、興味がある方はどうぞ。ネタバレ注意。(図面を載せなければ、こういう記事を書くことは問題ないと認識していますが、もし駄目だったら連絡下さい。すぐ消しますので)
現時点では、選手権に参加された方しか理解できない内容になっていますが、図面が公開されれば、選手権に参加されてない方にとっても理解できる内容になるかと思います。問題が公開されたら後日リンクを張りますね。

※明日は将棋大会で再び北九州に行ってきます。名大の強豪も参加するとか。S級はレベル高いなー。ま、自分はA級で優勝を狙います。明日も6時起きか…。書いた文章を読み直す気力もないです。寝ます。おやすみなさい。

4月28日追記
一般戦の問題が公開されました。
第6回詰将棋解答選手権 一般戦出題作品

投票お願いします♪
とりあえず1番を見る。
「お~これはさすがに一目で・・・解けない(T_T)
こんな調子で大丈夫か?仕方なく2番へ。

2番。これは今度こそ本当に一目でした。これはくっつけて打ちたい形ですね。

3番。45馬と19桂の配置で収束が予想できるので後は逆算。これもわりとすぐに解けました。

で、4番に進んだのですが、応手がわからずに大苦戦。かなり時間を消費してしまいました。
「先に5番から解くか。手数順だから、5番が解ければ4番の手数がある程度限定できるし
という非常にセコい考えに基づき先に5から解くことに。

5番。とりあえず香を打ってみる。おお見落としそうな合駒がある。合駒して・・・(省略)・・・なるほどうまいこと詰むのか。ということは86玉は変化だな。読まなくていいや。解答書こう。香車の打ち場所は非限定なのか。ほー。とりあえず遠くから打っておくか。よし解けた。

4番に戻る。2手目はあれか!うまいなあ。2手目がわかればあとは簡単。しかし流石にいい作品ですね。

次は6番。平凡に進めて平凡に13でバラして見る。さすがに詰まんか。と、ここで3手目が閃く。これはいかにも作意っぽい。もう少し進めて・・・合駒が出てくるのか。んで、竜で取って塞いで以下収束。竜で取るのが変わってるかも。非常にまとまりがよい。よし解けた。

そして最後に解けてなかった1番。あーなぜか5手目が全然見えてなかった。あんまり見ない手のような気がする。そうでもないか?とにかく全部解けた。見直ししたいけどトップ狙いたいからとりあえず出してみよう。提出!

…という感じでした。結果は5番で見事に誤解(笑)。退室後に86玉の変化を聞いてびっくりしましたよ。あまりにも見事な変化。作意と勘違いしてしまいそうですね。そして、この変化に備えて香の位置は限定だったとは!参りました。変化はちゃんと読まなきゃ駄目ですね。はぁ。

所要時間は20分台だったと思います。ちゃんと見直しすればよかった…。こういう後悔は学校のテストなんかと一緒ですね。

機会があればチャンピオン戦にも出てみたいですが、もっと鍛えないと駄目ですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

私が解いたときは、1番に結構苦労しました。
早めに2番に移ったのは賢明な判断だと思います。
松本会場では、1番に40分くらい固執していた人がいました。

5番は変化の方が作意っぽいのが狙いかと思ったのですが、そこで変化飛ばしをする人がいたとは(笑)。
でも、作意に対する嗅覚が優れている、って言っていいのかな?

見落としそうな合駒だったので、
『まぁこっちが作意だろう』と、変化もロクに読まず勝手に判断しました。
その判断自体はたまたま当たっていたのですが、
さらに落とし穴があったとは…という感じです(笑)
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。