スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMITTAL MOVE

ビショップを間違った枡に置いたとしたら、あとで考え直して後ろに動かすことができるし、ほかのピースについても同じことがいえる。だがポーンが動けるのはひとつの方向、前方だけだ。われわれはよく"形を決める手コミッタル・ムーブ"という言い方をする。これは相手の駒を取るなど、取り消し不可能なかたちで局面を変える手のことである。ポーンの動きはどれもその範疇にあるので、ふだんより慎重に検討しなければならない。(P239)

「一手でもとの位置に戻れない」ことを広義のコミッタル・ムーブと定義して差し支えなければ、銀を立つ手とか金が斜めに上がる手っていうのもコミッタル・ムーブですね。銀の頭に歩を打つとか金を斜めに誘う手筋というのは実戦で頻出しますが、元に戻れないところに誘うというのは、移動元の地点に弱点を作るということなので、非常に理にかなっているといえそうです。

4月になって研究室に配属されたのですが、どうやら将棋ソフトに関する研究をやることになりそうです。理論的な知識は全くありませんが、プレイヤーとしての知識はそれなりにあるはず(たぶん^^;)なので、いろいろ面白いアプローチを考えてみたいと思っています。とりあえずボナンザのプログラムでも読んでみようかなあ。
コンピュータ将棋の話題はTETSUさんが詰将棋メモで頻繁に取り上げて下さるので、今後はそれをチェックしてゆこうと思います。



投票お願いします♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。