スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日杯2

昨日は土曜日。毎週土曜日に倶楽部24で出題されている詰将棋をいつものように見に行ったら、自分好みの素晴らしい作品が出題されていて痺れてしまいました。
詳しくはさざんか詰将棋をご覧下さい。僕が感動したのは「8月15日出題1」です。

以下、毎日杯の3局目と4局目を振り返ります。

信州大学戦
本気でスルーしようかとも思いましたがまぁ一応反省ということで。
図は▲46角まで
図は▲46角と打たれたところ。居飛車側が自分です。パッと見「△23銀もしくは△33角で何でもない」と思ったのですが、▲65桂みたいな超無理攻めを真剣に警戒してしまい、△62金とひよった指し手を選んでしまいました。24の歩を取られて一歩損。
その後△53金~△44金~△45金と角をいじめにいったのですが、角を39に引いた形が妙に安定しており、劣勢になってしまいました。これは構想がマズかったということですね。
△44金と出たあとの指し方としては、局後A崎が指摘してくれたように、35歩34金の形を作って手厚く指したほうがよかったです。一歩損をしていますが、居飛車側だけ角を手持ちにしているのでこれなら難しい勝負。
図は▲78金まで
しばらく進んで図。ここでは、じっと飛車を引くか、もしくは角が57に居るこの瞬間に△53銀~△44銀と銀を玉側に移動させればまだまだ難しかったようです(これもA崎の指摘)。実戦は△76飛としたため、▲89飛△65桂▲66角△86歩▲68金・・・と進み、以下大差で負けてしまいました。

東北大学戦
図は△33角まで
対ゴキ中。図で、「強い人は▲65歩とでも指すんだろうなぁ」と思いつつも、▲24歩からの継ぎ歩でも指せるような気がしたので、実戦は後者の変化に踏み込んでみました(まさか上図と似た局面が東大戦で再び出現するとは…)。
そういうわけで図からは▲24歩△同歩▲25歩△同歩▲同銀と進みました。飛車先の突破が約束されてさすがに居飛車よしだろうと思っていたら、次の手は△43金。これでこちらの形勢が微妙とは、やっぱりゴキ中はズルすぎます。激しく仕掛けてしまった以上は、▲34銀以下飛を成り込むほかありませんが、微妙な形勢となってしまいました。
以下、一時はどうしようもない局面までいったのですが、相手の見落としがあって大逆転。チームも3-2勝ちとなり、嬉しいチーム初勝利となりました。

投票お願いします♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

どれどれ…と見てみたら。(汗)
ありがとうございます。実はアレ作品集に収録しなかった作品だったりします(桂配置が…泣)ので、さざんかで紹介してもらった詰将棋1級さんに感謝しないといけませんね。

あの作品に感動したんですか。
素晴らしい内容だと思いますが
蛙さんの作だとあれは普通ですよね?

やっくんさんと蛙さんの作品と同時に
自作を出すと、自分のは内容が薄いので
ちょっと恥ずかしいです。
でも凡作を出すことにより好作がさらに光り輝くので^-^
それもありかなと思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>冬眠蛙さん
うーん、確かに桂馬配置は惜しいですね(>_<)
個人的には、27金~35角成の組み合わせが目新しく感じました。角を打って捨てるという構成も美しいですね。

>u-makuさん
もちろん、冬眠蛙さんの作品には他にもすばらしい作品がたくさんあります。でも本作には何となく新味を感じたんですよねー。

>3番目のコメントへの返信
どうぞどうぞ >反転
特に要望等はありません。いつも楽しませて頂いております(^o^)
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。