スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙詰創作メモ3

今日は短め。
なお、発表作の発表時期などに関するデータは、詰将棋一番星さんの資料を参考に作成しています。ありがとうございます。

投票お願いします♪

利きを増やす


詰方の飛び道具の利きはそのまま玉の軌跡となることがあります。その理由は、飛び道具の利きは遠くまで及んでいて強力であるがために、必然的に攻めの主軸となりやすいからでしょう。攻方の勢力圏に沿って玉が移動してゆくイメージです。
そこで、逆算が膠着状態を迎えつつあるときには、飛び道具を発生させて利きを増やすことが有効であると考えられます。攻方の利きが増えれば、先述の優王手の観点から他の大駒などの逆算がしやすくなるという点を強調しておきます。この技術も、本質はやはり「配置の任意性」にあります。
例を挙げてみます。

添川公司氏作「せせらぎ」、近代将棋1987年3月号、121手詰
添川公司氏作「せせらぎ、近代将棋1987年3月号、121手詰
次のふたつの途中図を見較べてみて下さい。
図は△46手目81同玉まで図は44手目△81玉まで

左図から右図の逆算でやっていることは、8一の角を取るということ、それだけです。しかしながら、8一の角を取る駒(何で取るかについては任意性があります)として利きの多い香車を発生させることによって、利きがグンと増えた印象を受けます。きっとこの王様は、香と詰方の駒に押し上げられてここまで来たのでしょう。
実際に、右図の更に十数手前は以下のような状態でした。

図は30手目△86玉まで
特に添川氏の煙詰には、香車の力を巧みに利用した作品が多いような気がします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

久しぶりにブログチェックさせて頂いたんですが、ヤバいです。超面白いです。詰パラに論考として連載したらバカウケだと思います。今ならこの詰に投稿する手もありますね。とにかく、続編を楽しみにしてます!

モチベーションが下がりかけてたタイミングでのコメントどうもです(笑)
雑誌などへの掲載は、需要が少なすぎてウケない気が・・・^^;。
とりあえずネタが続く限り書き続けてみます!

※気づいたことがあったら何でも気軽に書いてみて(^o^)
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。