スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙詰創作メモ6

第6回目は非常に「セコい」お話を。今回は皆様にご意見を伺いたい点も幾つかあります。コメントをいただければ幸いです。

投票お願いします♪

駒を効率よく配置する


今回は少し「セコい」話を。これ以上駒を入れる場所がなさそうだと思われる場合でも、応手の限定などを理由に、さらに駒を置ける場合があります。ただし、取られるためだけに存在する駒は煙詰においては基本的に減点事項となるはずです。

自作、詰将棋パラダイス2009年2月号、105手詰
自作、詰将棋パラダイス2009年2月号、105手詰
自作を例にとって、幾つかの配置についてその意味を考えてみたいと思います。

まず4五歩。この図において4五歩は取られるだけの駒に見えるのですが、実際には2手目の応手を限定しているという意味があります。この配置には意味があると考えてよいでしょう。
※もしダメだと言われたら▲4五歩を▲9六歩にでも変えましょうか。(さてどうなるでしょう?)

それはさておき、次に、2五歩や1四桂に着目してみます。これらは、序盤の変化で玉が右上方向に遁走するのを防いでおり、もちろん必要不可欠な配置です。では、もしこれら2枚の配置が2五香1枚で代用できるとしたらどうでしょうか?(実際には余詰が生じるので代用できない。詳細略)。1枚の配置で済むところで2枚使うことに関しては(本稿で用いている意味において)「効率がよい」と言って自慢してしまってよいのでしょうか?この点については正直自分でもよくわからないところがあります。今後もこういうケースには遭遇することがあると思うので皆様のご意見を伺いたいところです。

更にいうと、次の場合はどうでしょうか。すなわち、見かけ上は受方玉に取られるだけの攻方の駒 A について、「実は A は、A が受方玉に取られる以前のある局面において受方が A 合をできないようにするために配置してるんだ!他に置く場所がなかったんだ!」と作者が強弁(?)した場合です。この場合の駒 A の配置というは有効なのでしょうか?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

1枚で済む配置を2枚で代用する(飾り駒ではない)のも、合駒制限のための駒を置くのも、玉に取られる以外の意味づけがあるので問題ないと思っています。
ただし、積極的に評価できるケースは限られるかも知れません。とりあえず思い浮かぶのは、2枚にすることによって初形が明らかに好形になる場合とか、理論上の最短手数を狙う場合(笑)。

コメントありがとうございます。
なるほど。特殊な事情(目的)がある場合を除いては、問題こそないが、積極的に評価もされないというわけですね。
確かにご指摘の通りだと思います(^O^)
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。