スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九G原稿執筆中

こんにちは。おとといからブログが表示されなくなっていました。テンプレート(デザイン)を変更したらなおったので当面このデザインを使おうと思います。なんでだろう?原因がわかったらまた元のデザインに戻すかもしれません。

九G作品展の原稿を書いています。原稿の書き方についての決まり(図面全体が○行分で6列目までの図面が○行分で…など)に関する文章ってインターネット上やパラバックナンバーのどこかにありましたっけ。
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

今日は後輩の応援にいって飲んだくれてきます。

投票お願いします♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

*図面と行数の取り方は6筋までにおさまる分は7行でそれ以上は9行です。今回の9G4作でいえば、千々岩作が7行で残りの3作は9行取ってください。
*1ページは「13字×22行」の4段組で作成すること。通常、3ページ分作成すればよいでしょう。
*結果稿の頭の九州G作品展・担当●●●●の部分は6行をカウントしてください。
*まず、当選者の欄に3行取って、全題正解者で取るべき行数をかためてから、事務作業開始すること。・・・以上です。

No title

ストンリバーさんありがとうございます。
ようやく送稿できそうです。

No title

はじめまして高専生のものです。相談させて頂きたいのですが、高専に7年間過ごすのが苦でないならば東大などの二年次編入の大学に行くより専攻科から東大の大学院に行ったほうが足踏みせずに済むと思うのですがこの考えは甘いのでしょうか?これを勉強したいといったものは見つけられていないのですがこれからも今まで以上に勉学に励んでいきたいと思っています。
現に専攻科から東大や東工大の大学院へすすむ人は毎年多く、大学編入の場合は年に一人いるかいないかといった感じです。お返事よろしくお願いいたします。

No title

パールさん

はじめまして。
いまの高専生活に不満がないのであれば、専攻科~大学院進学という選択肢も良いのではないかと思います。
ただ、専攻科~大学院進学の場合は、学部への編入学に比べて研究テーマのマッチングが重要になってくるようです。つまり、ある程度「この研究室に行きたい」というあたりをつけて(場合によっては研究室訪問をするなどして)から大学院を受けるイメージですね。

あくまで個人的な印象ですが、大学進学と専攻科進学の違いを挙げてみます。参考にしてください(^O^)
大学に進学した立場から書いているので偏りがあるかもしれませんが・・・。

- 大学進学は知り合いが増える。環境が変わるので新鮮な気持ちになる。
- 大学院1年で研究室に配属されると、場合によってはテーマ選択で苦労するかも(周りは学部4年次から研究をしているため)
- 専攻科は長期のインターンシップを義務化しているところが多い。
- 専攻科は学位授与試験がありその勉強が大変(らしい)
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。