スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編詳解第2回

YYZ氏作(詰パラ2001-11 小学校)「受賞していない作品」という厳しい条件を自分で設けてしまったために作品選びが難航していましたが、ようやくよい作品を見つけました。
今回紹介するのは、2.76という評価を得ながら惜しくも半期賞を逃したYYZ氏の7手詰です。

図は▲73角成まで考えられる初手の「数」はたくさんありますが、有力な「手段」は飛車を動かすか桂を動かすかの2つしかありません。とりあえず▲41飛成としてみましょう。(41以外の場所に動くと根元の51角を取られてしまいます)。これに対して△35玉は▲44竜△46玉▲73角成(図)と、うまいこと詰みます。しかし、△14玉と逃げられると、▲13桂成と迫っても△同玉で詰みません。
どうも、初手に飛車を動かすのはうまくいかないようです。

図は▲13桂成まで次に桂を動かしてみます。33に移動するのは角道が塞がるため、△15玉と逃げられて明らかに詰みません。なので、▲13桂成(図)としてみましょう。
応手は△35玉△同玉△33玉△15玉の4通り。はじめに、△35玉は初手▲41飛成の紛れで検討したのと同様に、▲44飛成△46玉▲73角成にて5手で詰みます。また、△同玉は▲14馬と飛び込んで、△同玉▲12飛成△同竜▲15香まで7手で詰みます。


図は△12竜まで3つ目の△33玉も、▲41飛成の1手詰です。しかし、最後の△15玉は、以下▲12飛成△16玉▲49馬△27合▲23成桂に△12竜(図)と根元の竜を取られて失敗します。


飛車を動かしても駄目、桂を動かしても駄目。万事休す…でしょうか?いや、残された手段が1つだけあるはずです。ヒントはこれまでに追ってきた紛れ順の中にあります。次から解決編です。

図は▲13桂不成まで竜を抜かれないようにする▲13桂不成という妙手がありました。これで、▲13桂成のときに詰まなかった△15玉は▲12飛成△16玉▲49馬△27合▲21桂成(7手駒余り)で詰むようになりました。

図は▲21竜まで一方(15玉)が詰むようになったとはいえ、そのために他方(33玉)が詰まなくなっては意味がないので、△33玉の変化を確認しておきましょう。なお、△同玉と△35玉の変化は桂の成/不成に関わらず同様の手順で詰みます。

生の桂馬は22に利きがないため、▲41飛成に△22玉と逃げられます。果たしてちゃんと詰むのかどうか、不安になりますが、よく見ると21に利きがあるではありませんか。整理すると、初手▲13桂不成に△33玉は、▲41飛成△22玉▲21竜△13玉▲23竜(7手駒余り)で詰みます。

初手に対して△35玉は5手。△15玉は7手駒余り。△33玉も7手駒余り。そして△同玉は7手駒余らずなので、作意は「▲13桂不成△同玉▲14馬△同玉▲12飛成△同竜▲15香まで7手詰」だとわかりました。

手広い初形に、意味付けを変化に隠した初手の桂不成。
誤解34人・無解4人というのも頷けます。配置が拡がってしまったのが残念ですが、この手順を支えるには仕方がないところで、2手目△35玉の変化の変化を割り切り、初手▲57馬の余詰を消している△56歩の配置などはうまいところです。

打歩詰の関係しない桂不成の中では飛びぬけた作品で、これ以上のものはそうできるものではないでしょう。傑作です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。