スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら2005年

2005年総括。

  • 詰将棋
    入選は6作。手数は3・15・19・9・9or11(発表中なので)・7と全て20手以下になりました。今年は短編の年と決めていたのでまあこんなものでしょう。ちなみに最高評点は2.67。
    来年は院に投稿したいので長編に挑戦してみますか。九G作品集も完成に近づくといいですね。

    ※そういや詰将棋年鑑はどうなったんでしょう?

  • 指将棋
    全国高専将棋大会で何故か3位。奈良高専の皆様、部屋にお邪魔したり写真送ってもらったりとお世話になりました。来年以降もベスト8ぐらいには食い込みたいところですが、苦手な序盤をなんとかしないと…。

    24のRはどうにか2000点復活。やはり真面目に指すのが大切ですね。来年はとりあえず4段になります( ̄ー ̄)

  • 読書
    旧日記が飛んでしまったせいで後半は記録をつけていないのですが、まあ冊数でいうと100冊くらいでしょうか。

    今年は将棋関係のよい読み物(実戦集・定跡書とは別)に巡りあう事ができました。
    なかでも、羽生 21世紀の将棋名人 中原誠9四歩の謎の3冊は良書。2冊目の「名人 中原誠」は高専大会のとき仙台の書店で100円で売られていたものですが、迷わずに買ってよかったです

    普通小説で面白かったのはやはり山崎豊子氏の作品群。今年だけで4シリーズ13冊を読破しましたが、どの作品も面白かったです。あとは福井晴敏の作品群(亡国のイージス川の深さはTwelve Y.O. )とか相変わらず面白い松岡圭祐とか…。挙げるとキリがないのでこの辺でやめときます。

    今年は新書を例年より多く読みました。軽い内容のものではJポップとは何か和田の130キロ台はなぜ打ちにくいかの2冊。いわゆる「かたい」本では情報の文明学知的生活の方法デジタルを哲学するの3冊が印象に残っています。

    来年は速度にこだわらず(もともと遅いですが)、新書の率を高めたまま質の高い読書ができたらいいなと思います。最近は感想・要約を長めに書くように心掛けているんですがどうなることやら。

    そんなわけで、来年も将棋やら読書やらごちゃ混ぜの内容が展開されると思いますがよろしくお願いします。
    スポンサーサイト
  • comment

    管理者にだけメッセージを送る

    個人的なリンク



    九州Gブログ
    九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

    ミニ作品集
    御笑覧ください→ ミニ作品集
    ※事情によりしばらく非公開にします

    あじゃ盤
    作ってみました
    (powerd by あじゃ盤)

    やっくんのほーむぺーじ
    掲示板

    人気blogランキング
    ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
    人気blogランキングへ

    読書記録
    2006年に読んだ本
    2007年に読んだ本

    おすすめ詰将棋作品集
    ゆめまぼろし百番
    ゆめまぼろし百番

    駒場和男さんの作品集です。
    短評を書かせていただきました。

    最新の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    過去の記事
    カテゴリー
    リンク
    ブログ検索
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。