スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脳」整理法(2)

「脳」整理法
茂木 健一郎
「脳」整理法


偶有性に対する態度

子どもは偶有性が遊びの楽しみを増大させることを半ば本能的に理解している。子どもの生活知にはせいぜい「言葉」があるだけであるが、この「言葉」は知識を整理するのに最も有効なツールである。

人間には規則性に喜びを感じる嗜好があり、一方でランダムな事象には無関心である。しかし、客観的にはランダムな事象に何らかの規則性や傾向を読み取ろうとしてしまう癖が、人間の脳にはある。

セレンディピティ(serendipity)
「偶然の幸運に出会う能力」と訳されることが多い。18世紀のイギリスの作家ホラス・ウォルポールが1754年に友人への手紙のなかではじめて使った造語。

セレンディピティを高める要素として次の3つが挙げられる。

行動

とにかく何か具体的な行動を起こすこと

気づき

偶然の出会いに気づくこと

受容

素直にその意外なものを受け入れること


歴代のノーベル賞受賞者(日本人)をみても、"偶然"によって大発見をした人が少なくない。科学におけるセレンディピティは、日本人にとっても極めて身近なものである。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

クオリアで思い出したけど著者の茂木さんてAha体験の人かいね。

こういうの読んで要約書くときはどう要約してる?本文にチェックいれたりしながら読むの?

関係ないけど、セレンディピティてB級恋愛映画を見た気がする。(どうでもいい

あけおめ!
そうそうAhaの人。>茂木さん

3色ボールペン使ってた時期もあるけど、めんどいから最近は重要っぽいところに赤鉛筆で線引いてるよ。
でも、要約って言ってる割に、自分が面白かったとこだけまとめてる気も…(笑)。要約って難しい。
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。