スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛中合仮完成

2006_02_04.gif

ということでとりあえず修正してみましたが、駒が1枚増えてしまいました。46・47・57の3枚はどうにかしたいところ。

ところで何故55歩があるのかというと、それは変化を同手数駒余りに収めるためです。即ち、2手目36玉と逃げると▲23桂生△45玉▲35龍△56玉▲31桂成迄。55歩がないと、最後の56玉のところを54に逃げられてしまい、変化として割り切ることができなくなります。まあ、これはこれでセコイ割り切り方ですが…。

初手を開き王手ではなく角打から始めたいのはやまやまですが、初手44とが成立してしまうので断念せざるを得ません。飛合という性質上、将来的に43とを動かすことは明らかですし、かといって43とを省いてしまうと桂が43に動けるようになってしまい、この機構自体が破綻します。

しかし冷静にみると初手絶対が痛いですね。


>勇
テスト終わったら書くよ。「暇」とかじゃなくて良かった(笑)まあ実物は「博」というより「薄」に近いかな( ̄ー ̄)

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

そういやテストでしたね、申し訳ない。
「薄」か。考えておきます(何を)

ところで、URLにある、有名な「生協の白石さん」のblogの2/4の「麻雀のやりすぎ」ってネタなんだけども、イマイチ意味がわからないので、たしかやっくんは麻雀をやってたような記憶があるので、わかったら教えて下さい。

ホリエモンの「穴熊」発言みたいにイマイチよくわからんなあ…(笑)

麻雀は役を作って上がるゲームで、簡単に言うと、自分で引いた牌だけで役を作る(この状態を「門前」という)他に、人が捨てた牌をもらって(これを「鳴く」という)役を作ることができるんよ。(まあ、鳴くと上りに大きく近づく関係で鳴いて作る役は大抵安い〔=価値が低い〕わけだけれど。)
だから、公衆の面前とかいうように使う「面前」と麻雀の「面前」。「泣き」を見ると麻雀の「鳴き」をかけたんだろうね。…いまいち釈然としないけど。
もうひとつ強調表示されてる「切り替える」はなんだろう。レス求むi-202

あれ?門前と面前が混在してる。
麻雀では「門前」のほうをふつう使うけど、検索すると結構「面前」って表記してるサイトもあったから、多分面前も一般的と考えていいと思う。

…この辺が「薄」かな。(ぇ
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。