スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ作品集

こんにちは。就職活動がようやく終わりました。

来年は福岡にいるような、関東にいるような。微妙なところです(笑)

さて、詰将棋全国大会が終わりましたね。
今年は、ミニ作品集を製本して詰将棋全国大会に参加する予定でしたが、製本が間に合わなかったことなどもあり今年は参加を見送りました。売り切れる心配など全くないミニ作品集に予約までして下さった方には深くお詫び申し上げます。

今回作る予定だったミニ作品集は、自宅のプリンタで印刷して自分で綴じるだけの簡単なもの。この「簡単」なはずの製本が間に合わなかった理由は、余白の設定などに手間取ってしまったことが要因です。WORD じゃなくて TEX で書けばよかったかな。

さて、今回はそのミニ作品集の pdf 版を公開します。冬眠蛙さんのミニ作品集を参考に、というか真似して作っています。前半が作品の部、後半が解説の部という感じです。作品はこれも冬眠蛙さんの真似をして25題・・・としましたが、短中編だけでは少し物足りなく感じたので番外という形で煙詰を3作載せることに決めました。

ミニ作品集(事情によりしばらく非公開にします)

スペースの都合などから、変化紛れ等の解説はいっさい省略しています。ご容赦ください。
「ああ、コイツがこれまでに発表した作品から25題選ぶとこんな感じになるんだな」
という感じで見ていただければと思います。

新しい作品も手掛けたいのですが、なかなか。九Gの課題作もそろそろ考えたいところですね。なお大学院には1作投稿中です。

投票お願いします♪

九G原稿執筆中

こんにちは。おとといからブログが表示されなくなっていました。テンプレート(デザイン)を変更したらなおったので当面このデザインを使おうと思います。なんでだろう?原因がわかったらまた元のデザインに戻すかもしれません。

九G作品展の原稿を書いています。原稿の書き方についての決まり(図面全体が○行分で6列目までの図面が○行分で…など)に関する文章ってインターネット上やパラバックナンバーのどこかにありましたっけ。
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

今日は後輩の応援にいって飲んだくれてきます。

投票お願いします♪

九G&飛梅杯

昨日(9日)は九Gに行ってきました。
今回は課題作ができず、二次会にも参加できないということになってしまいすいませんでした。結果稿を担当することになりましたのでそこで貢献したいと思います(^o^)
なお、次回の課題は「最終手桂馬」です!また九Gブログなどでアナウンスすることになるかと思いますのでよろしくお願いします。

そして今日(10日)は、これも毎年恒例。飛梅杯に参加してきました。
予選の将棋は対角交換向かい飛車。後手だったのでまったり待機していたところ相手が強引に仕掛けてきたので自然に対応して優勢に。以下押し切りました。これでめでたく4回連続予選通過。鬼ブロックを引いちゃうと予選落ちしかねない大会なのでホッと一安心といったところです。

決勝トーナメントはいきなり抜け番!ニヤニヤしてトーナメント表を見ていると次あたりそうなのはなんと強豪K堂さん。実際その通りの組み合わせとなりました。
戦形は、相居飛車だと右玉模様の将棋になりそうな気がしたので思い切って振ってみたところなんと左玉に!


図では作戦勝ちだと思っていたのですが実際にはどうなのでしょうか。▲55歩?△同歩▲53歩?△62金左▲64歩とガジガジ攻めたのですがいまひとつ戦果が挙がらず。
感想戦でもいまひとつ結論が出なかったので、図からのスマートな攻め方を募集します。感想戦では3筋の突き捨てが入ると嬉しいかもという話でしたが、▲55歩△同歩のあとに突くと△61飛とか△54銀とかイヤな手が見えます。
自分「じゃあ▲36歩△同歩▲55歩ですか?(笑)」みたいなやりとりを感想戦でしましたがよくわからず。でもなんか▲36歩△同歩▲55歩って変態的な仕掛け手順ですよね^^;


いまひとつな仕掛けによりいまひとつな展開に。ただでさえ懐が深い左玉に、さらに馬を作って手厚く指されては寄りつく術がありません。苦し紛れに14桂(図)とか打ってみましたが、冷静に△同飛でまったく差が縮まっていません。

穴熊の優秀さのおかげで一手違いにさせてもらって図。△27歩成が詰めろなのを見切られて万事休す。以下負けとなりました。

投票お願いします♪

よいお年を

おひさしぶりです。気がつけば1年を振り返る時期ですね。簡単に2010年のまとめを。

指将棋
最高Rが2600点になりました!
来年は将棋を強くしたいです。まずは24での雑指しをやめなさいって話なんですけどね。
今年は一般大会にはほとんど出ていません。来年はできるだけ参加しようと思います。

部活のほうは後輩が全国大会で奮闘していて頼もしい限りです。
しかし王座戦では終盤で逆転されることが多かったようなので、
来年は自分のウザい終盤で後輩の終盤力を伸ばそうと思います(笑)

そうそう。有望新人(特に地元…!)の加入にも期待したいですね。受験頑張ってください!!(^o^

詰将棋
今年の入選は3作。手数はそれぞれ41手、15手、97手でした。
もはや、自分の得意分野がどこなのか、自分自身わかりません^^;
来年は就職活動などで前半は忙しそうなので、短編を中心に創っていければいいなと考えています。
既に数作将世に投稿中ですし。

印象に残った本
今年は全然本を読めてないです。とりあえず印象深かったものを5冊挙げてみます。来年は色々な分野の本をたくさん読みたいです。うん。就活が終わったら。

老師と少年(南直哉、新潮文庫)
君たちはどう生きるか(吉野源三郎、岩波文庫)
善人ほど悪いやつはいない(中島義道,角川oneテーマ21)
就活エリートの迷走(豊田義博,ちくま新書)
死の彼方までも(三浦綾子、小学館文庫)

ちなみに、いま読んでいる/年が明けたらすぐに読みたいのは次の二冊です(^o^)

細川ガラシャ夫人(三浦綾子、主婦の友社)
どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?(梅田望夫、中央公論新社)

研究
今年は2回学会で発表しました。
来年の予定としては、研究会で沖縄に行くことがほぼ決定しています。
また、国際会議にもリベンジする予定。アクセプトされればハンガリーに行けます♪
まぁこれも就活のスケジュールと重なりそうで不安なのですが。
あと英語力も非常に非常に不安です(笑)

また、コンピュータ将棋関係ではGPW2010に参加しました。
いろいろな方とお話させていただき貴重な体験となりました。
来年も都合がつけばぜひ参加しようと思っております!

今年も1年ご愛読いただきありがとうございました。
では皆様よいお年を!

投票お願いします♪

煙詰創作メモ8

こんにちは。就活がだんだんと本格化しつつあります。はやいよ。

一旦は完結した「煙詰創作メモ」ですが、とあるきっかけで、逆算が困難な局面とはどういうものなのかを考えてみるのも重要だと教えて頂いたので、今後少しずつ考えていこうと思います。とりあえず思いついたことを書いてみます。後半は完全に脱線してしまってますが(笑)

投票お願いします♪

more...

煙詰創作メモ7

えーっと、早い話がネタがなくなりましたので、とりあえず今回で最終回とします。合駒の話とか、順算で煙らせる話もしたかったのですが、ただの作品紹介になりそうなので。

今回で一応完結という形にしたいと思いますが、また何か「気付き」が得られたときには書き足そうと思っています。あ、もし煙詰ができたときには風みどりさん宛に投稿をお願い致します(笑)

★10月18日追記。一部分かりづらい表現があったので訂正しました。「正確にかいたつもり」だったのですが。

投票お願いします♪

more...

煙詰創作メモ6

第6回目は非常に「セコい」お話を。今回は皆様にご意見を伺いたい点も幾つかあります。コメントをいただければ幸いです。

投票お願いします♪

more...

煙詰創作メモ5

第5回です。だんだんと内容がマニアックになってきました。こんなにマニアックな内容を書いているにも関わらず、最近ブログランキングでの順位が急上昇しているので、今後も頑張って書いていこうと思います(笑)

投票お願いします♪

more...

個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。