スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回和多屋祭り将棋大会

第19回和多屋祭り将棋大会に行ってきました。
会場は嬉野温泉の和多屋別荘(http://www.wataya.co.jp/index.html)。時間の制約(●●時までに撤収しなければならない等)がゆるく、露天風呂にもゆっくり浸かることができるとってもオトクな将棋大会です。予選通過して昼食とったら1時半なんて、九州の大会ではなかなかないですよ。

以下簡単に反省会。
予選は2勝通過。近年は1勝通過の大会が増えてきているので意外な感じでした。
予選1局目。いきなり佐賀の強豪に当たる。相穴熊で千日手。残り時間はそれぞれ4分(自分)と7分(相手)。先後入れ直しての指し直し局では相手の筋違い角振り飛車穴熊が炸裂。ええ。将棋も時間も負けました。

その後どうにか連勝して予選通過。

決勝トーナメント1回戦は、相居飛車の変わった出だし。
角交換後、こちらが飛車先を交換する代わりに相手が4筋の位を取り銀冠に組む作戦。これ、対策よく知らないんですよね。26銀37桂の攻撃態勢から先攻するも、ひたすら押さえこまれて下図。


右辺がひどい形をしていますが、この▲39桂が意外に粘り強い手だったようです。次に先手が▲55歩から暴れる展開が見えているものの、何かと先手を取られる形が多く後手としては妙に手を出しづらい。

実戦は△47歩成▲同桂△46銀▲同角△同桂▲26銀△59角▲35銀と進行。負担になっていた右辺がすっきりして、銀が急所に進出。少し盛り返したかなと思いました。


終盤。図の▲33歩では▲44金とボンヤリ打っておくほうがよいようですが(激指先生指摘)まぁ自分らしいかなぁと。この後も攻め続けて勝つことができました。

決勝トーナメント2回戦は33角戦法から25桂ポン。しかし的確に対応されて以下は大差で負けてしまいました。感想戦では互角の展開も発見されたので、それを逃してしまったことが悔やまれます。

ということで結果はベスト8でした。次も頑張ります。出るとすればアマ王将かな。

追伸その1。昨日は合駒職人さんに新作を見てもらえて、かつ好評を頂けたので佐賀までいった甲斐がありました。来週はいよいよ九Gですね!皆様の参加をお待ちしております。既に郵便・メール投稿が3作も来ているとか。むむ。

追伸その2。今回は図面作成にクラウド将棋局面図ジェネレータを使ってみました。画像をブログサーバーにアップロードしないでよいので簡単ですし、アップロードによる容量の圧迫もないので有難い。操作も簡単でとても便利です。
しかし新しいサービスがどんどん登場してくるのでついていくのが大変ですね。こうやってブログを書いていても「トラックバックなんて機能あったなぁ・・・」って思っちゃいます。ブログ自体はずっと書き続けているものの、もはや数年間使っていない機能。

投票お願いします♪

切れ負け

福岡県のアマチュア将棋大会では、大会を1日で終わらせたいという運営上の都合からか、ほとんどの大会(アマ名人戦、アマ竜王戦などの全国大会予選を含む)で切れ負けが採用されています。さすがに決勝戦だけは秒読みを付けることが多いですが。

このことを何気なくツイッターで呟いたところ、様々な方からコメントをいただきました。ここに一部紹介させていただきます。(ツイッターのツイートってどのように引用するのがベストなんでしょうね)

@se********さん:全部切れ負けですって!?全国大会予選でも?大阪は20分30秒くらいですけどねぇ
@76******さん:すごいな……。徳島県は予選の予選からでも秒読みありです。切れ負けってちょっと記憶にないなあ。
@Na********さん:青森・宮城はほとんどが20-30です

福岡県予選の規模って、1日でやるにはすこしキツいけど、2日でやるほどは参加者が多くないという感じなんですよね。なので切れ負け採用も止む無しかなと個人的には思っています。

投票お願いします♪

アマ名人戦福岡県予選

こんにちは。相変わらず就職活動中です。さすがにもう少しで終わる・・・予定です((((((o_ _)o

先日、アマ名人戦福岡県予選に出場してきました。結果はベスト8。また頑張ります。



負けた将棋を振り返ります。図は△45歩と軽く仕掛けられたところ。76銀が浮いているのがマイナスになっているようで、ここでは既に悪いのかもしれません。

図は△66馬まで

以下自陣をひどい形にされてしまいましたが必死に粘って図。ここで▲94歩は勝負をあきらめた手でした。図では何はともあれ▲68香と打つところ。以下△76馬▲同馬△同銀▲32角△51飛▲76角成でどうでしょうか。

直後に△85角と馬を消す手があり、厳密には右玉側が勝ちづらい将棋だとは思いますが、それでも▲94歩よりはマシでした。

投票お願いします♪

第31回有田陶器市将棋大会

24に将棋プログラムponanzaが参戦しています。ponanzaは、先日開催されたコンピュータ将棋選手権において5位という成績を収めたソフトです。
注目の成績ですが、43勝2敗という凄まじい勝ちっぷりであっさり3000点オーバー。序盤で無償の駒損(一歩損とか)をすることもあるようですが、それでこの勝率とは強すぎます。どこまでレーティングがのびるか注目です。
参考までにponanza作者のブログのURLを載せておきます。毎日がEveryDay!

さて、先週末に佐賀県は有田まで将棋大会に行ってきました。運よく準優勝することができまして、賞金と有田焼を頂きました。大切に使います(^O^)

▲3八同玉まで

準決勝の将棋より。居飛車側が自分。切れ負け将棋で、互いに残り時間は1分程度。ここで目分量で詰めろと判断し△47歩と打ったのですが、実際は詰めろではなかったようです・・・(△48歩成に▲同玉は詰むが▲同金がおそらく詰まない)。いま冷静に見るとなんで「△33金▲同桂成」の交換を入れなかったんだろうって感じですよね。
実戦は△48歩成に▲同玉だったのでどうにか詰ませるできましたが、いやひどい。取れるものは取ってから決めにいかないと駄目ですね。

他の将棋も機会があれば振りかえります。いまはponanza観戦に忙しいので←

あ、そういえば大会会場で将世に投稿中の作品をおそるおそる出題してみたのですが、みんな長考してくれた(というか、暗算ではコーヤン先生以外誰も解けなかった)ので期待できそうです。来月号あたりに載らないかなー。楽しみです。

ではでは。

投票お願いします♪

アマ竜王戦福岡県予選

久しぶりに一般大会に参加してきました。結果は下の方に。さてどこまで勝ち上がれたのでしょうか。

図は△22桂まで

決勝トーナメント2回戦。ここで決め手があります。実戦でこのような局面が現れるのは珍しいかも。

図は▲86同歩まで

準決勝は竜王戦準優勝の経験もある強豪と。すさまじい乱戦。あ、居飛車側が自分です。△46歩▲同歩△69飛▲96角△67飛成▲63角成△56竜▲77桂に△52金打で次図。

図は△52金打まで

もうわけがわかりません(笑)このあとも難しい戦いが続きましたが、どうにか制することができました。


図は▲41飛成まで

ということで初の県大会決勝進出となりました。ぜひとも県代表を勝ち取りたい大一番。戦形は相穴熊となり、▲26飛~▲36飛と動いて34の歩を掠め取る手順を経て上図になりました。
さて、この局面はどちらがよいのでしょうか?一手遅く飛車を成りこみましたが、金の位置の違いも大きいように思います。実戦はここから△29竜▲53歩△51歩▲55角△64桂▲51竜△24角▲21竜△79角成▲同金△56金で次図。

ここまでの手順が疑問だったのかもしれません。▲55角はこのラインに先着したいがために打ったのですが、△64桂と幸便に受けられてみると、果たしてこちらが得しているのか疑問です。▲55角に代えて▲51竜のほうが良かったのかもしれません。対局中は「▲51竜には△33角以下の強襲があるのでは」と思っていたのですが、いま冷静に見るとさすがに無理筋ですよね。

図は△56金まで

本譜に戻って上図は△56金と絡まれたところ。ここでどう指せばよいかわかりませんでした。▲44角と指したのですが、△67金と入られた局面での受け方がまたわからず、30秒の秒読みだったこともあり受け切ることができませんでした…。
しかし、▲44角に代えて▲52歩成~▲44角(もしくは▲73桂)は△51歩で難解のように思います。上図では既にこちらが悪いのでしょうか?感想戦でだいぶ検討したのですがよくわかりませんでした。

と、いうことで、結果は準優勝でした。初めて優勝争いに絡むことができて嬉しかったです。
今後は、出場した大会では常に優勝争いに絡めるくらい強くなりたいですね。がんばろう。

投票お願いします♪

第14回学生将棋選手権

今年もキリンカップに参加してきました。優勝は立命館大学B。準優勝は立命館大学Aでした。強すぎる(≧ヘ≦)
※正確にいうと、今年からスポンサーが代わったので「キリンカップ」というのは正式名称ではありません。

Q大の結果は96チーム中10位でした。チームは4-1。個人成績も4-1。ここ数年ではもっともよい順位を取ることができました。初戦東工大に2-3で負けたときはどうしようかと思いましたが(笑)

戦形は振り穴が2局。糸谷流模様が2局。右玉が1局でした。独特な将棋ばかりですね^^;

さて、印象に残っている将棋をいくつか振り返ります。

図は△91香まで
対ゴキ中。糸谷流右玉。作戦負け気味だったのですが、相手の受けがやや危険だったためここでは優勢になっています。

実戦は図から▲73歩△同桂▲74銀△85桂▲42と△同角▲64桂と進めました。ちょっと荒い気がしないでもないですが、最後の桂を取れないのは痛いですよね。実戦は▲64桂に△同金だったので以下数手で勝ち(詰み)となりました。

図は▲64桂まで


図は△72飛まで

右玉。ここで▲79飛って成立するのでしょうか。実戦ではぶつけてみたら△74歩と謝ってくれて非常に得をしたのですが、飛車交換決行もあったように思います。飛車交換後の△15歩がどれほど厳しいかで形勢の優劣が決まりそうな気がするのですが、よくわかりません…。ちなみに、もし端の突き合いが入っていなければ成立していると思うのですがいかがでしょうか?

図は▲64角まで

以下飛銀交換に成功して図に。▲64角と打って優勢を意識しました。後手としては△56銀と出来ないのが辛い。(最後▲47金で▲31銀が残る)以下時間が切迫するも押し切って勝ちとなりました。

投票お願いします♪

2600点到達

こんばんは。久しぶりにランキングを見てみたところ、何故か上位に入っていたので心を入れ替えて(?)記事を書くことにします。

2600点に到達しました!



流石に2700点とかは無理な気がするので、今後はしばらく地道に力を付けようと思います。
修士の間に県大会の上位を一回ぐらい争ってみたいのですが、どうなることやら。

詰将棋関係の話題は最近あまりありませんが、きのう将世に1作投稿しました。あと九Gの課題作を作らないとなあと考えている今日この頃です。

投票お願いします♪

最高R更新etc

こんばんは。久しぶりに最高Rを更新しました!


で、好調を維持したまま大会(近郊将棋大会)に参加したところ、小中学生にいじめられながらもどうにか優勝することができました。この大会は2回目の優勝となります。
決勝戦の棋譜を載せてみます。4年前と比べると少しは強くなっているでしょうか?


決勝戦の相手は中学生くらいのひと。知らないだろうと思い27手目▲65歩を選択しました。以下作戦勝ちとなり、後手としては暴れざるを得ない状況を作って先手優勢に。
しかし以降の勝ち方はあまりよくなかった気がします。78手目の△29飛成にはすぐ▲39金なのかなあ。87手目では、▲54銀と出れば簡単に寄るように見えて、△52香の筋があるので焦りました。
投票お願いします♪
個人的なリンク



九州Gブログ
九州Gのブログが出来ました。会合の案内・報告などを行う予定です。

ミニ作品集
御笑覧ください→ ミニ作品集
※事情によりしばらく非公開にします

あじゃ盤
作ってみました
(powerd by あじゃ盤)

やっくんのほーむぺーじ
掲示板

人気blogランキング
ランキングに参加しています。1日1票お願い致します!
人気blogランキングへ

読書記録
2006年に読んだ本
2007年に読んだ本

おすすめ詰将棋作品集
ゆめまぼろし百番
ゆめまぼろし百番

駒場和男さんの作品集です。
短評を書かせていただきました。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。